メイン

インターネット アーカイブ

2004年08月24日

Blog に関する調査

Blog に関する調査 [自主・共同調査結果] - gooリサーチ

gooリサーチとjapan.internet.comによるBlog に関する調査。この調査は4月から定期的にレポートされており、今回が5回目。

調査結果の一部抜粋

  • 他人のBlogにコメントを送ったことがある人は19.6%。
  • Blog作成経験者は8.5%。
  • 他人のBlogにトラックバックをしたことのある人はこの中の27.5%。
自分の Blog でトラックバックを受付けているものの、他人の Blog にトラックバックを付けたことがない人が、依然として多いようだ。

やはり遠慮があるのか、反応が怖いのか。自分ではBlogを書いても他人にレスポンスを返している人はまだ少ないようだ。私も自分から他人にコメントをつけるのはかなりドキドキしてしまう。でも、他人からコメントをつけてもらうのはうれしいものだよね。

検索エンジンに過度の信頼は禁物

Googleがないと仕事にならない」という人も多いはず。インターネットを利用する上で「検索」というアクションはなくてはならないもの。ごくごく当たり前に利用されている。しかし、その検索結果が意図的に操作されている(操作されることがある)と考える人は少ない。

しかし、実際にGoogleのインデックスから削除され、検索結果に表示されなくなったケースは存在する。Googleの検索データベースは、大手プロバイダサイトの検索などでも利用されており、削除されたサイトが受ける影響はとても大きい。多くの人は、検索結果はすべて公平に、いかなるバイアスも受けずに表示されると無意識に思いこんでいる。しかし、現実は必ずしもそうではないようだ。

Googleも営利企業であるから、自社の利益となる、もしくは反するということになれば、相応な対応をとるだろう。つまり、意図的に検索結果を操作する、ということもありうる。ある商品についての悪い評判をすべて削除する、またある商品の検索結果を上位にする、といったことも可能なはずだ。

Googleに限らず、検索エンジンの検索結果というものは、微妙なバイアスその他を加味した結果である(かもしれない)ことを覚えておこう。

2004年09月08日

ウイルス定期リサーチ

ウイルス定期リサーチ:2004年9月6日[japan.internet.com]
 
この記事によると、ウイルスメール受信者は全体の46.0%、スパムメール受信者は全体で65.7%で共に増加しています。
 
まったくひどいもので、私が会社で受信するメールの8割がスパムメール。数でいうと毎日200通弱です。ウイルスに感染しているメールも多いです。
 

続きを読む "ウイルス定期リサーチ" »

2004年09月22日

メールのエチケット

職場での電子メール、やってはいけない7カ条 [CNN.co.jp]
 

今回の調査対象者のうち8割近くが、「返事を催促しなければならないのは不愉快」と感じていた。相手から返事がないために仕事が遅れたことがある人も、6割以上を占める。「返信は必ず24時間以内に。回答を保留する場合は、そう伝えるだけでもいい」と、コレット博士はアドバイスする。

 
言ってみれば海外版メール道ですね。
 
返信は迅速に。要件はわかりやすく簡潔に。急ぎの用件は電話でフォロー。どれも基本的で当たり前のことだけど、以外とできていないことでもある。気をつけよう。

続きを読む "メールのエチケット" »

2004年09月24日

IP電話使ってますか?

大人のビジネスに脱皮の時、IP電話[nikkeibp.jp]
  
私が働いているオフィスでも先日IP電話を2回線導入しました。音質や回線の安定度など心配はあったのですが、まったくノートラブルで使えています。音質も通常の電話と遜色ありません(ちなみに回線は光の100Mです)。050の番号が与えられているので、普通に着信もします。お客さんでもIP電話と気づく人はほとんどいませんね。
 
まだ結果が出ていませんが、長距離電話や国際電話の料金がだいぶ安くなるのではないかと期待しています。
 
この記事にあるように、IP電話のサービスはISPとセットになっていることが多く、うちの場合も結果としてISPごと乗りかえる形になりました。これも小さいオフィスだから簡単にできたことで、大きな会社の場合はなかなか手続きが難しいでしょう。とはいえ、これらを別々のサービス会社と契約して利用すると、特にトラブル時の管理が面倒になりそうです。
 
ともかく、どのように利用するかは利用者が決めること。総務省が「指導」する必要はまったくないですね。

2004年10月01日

中小企業向けセキュリティ対策支援サイト

NTT コミュニケーションズジュニパーネットワークストレンドマイクロ日本SGIの4社が、中堅・中小企業向けのセキュリティ対策支援サイト「セキュリティ診断室」を開設しました。
 
japan.internet.comの記事によると、

今回発表された「セキュリティ診断室」の特徴は、大企業に比べて IT に関する情報が不足しがちな中堅・中小企業のセキュリティ対策に取り組む経営者や IT 担当者の支援を目的としている点にある。

ということです。
 
特に中小企業の場合は、経営者が危機感を持たない限り、本腰を入れてセキュリティ対策に取り組むといったことはないですから、経営者に対するセキュリティ意識の啓蒙という部分を特に期待したいところ。
 
まだ掲載されている症例(事例)は少ないですが、同サイトでは無料のセキュリティ診断を受け付けており、そこから集まった事例をアーカイブしていくようです。

Yahoo!きっずが「ネットのマナーABC」を公開

Yahoo!の子供向けコンテンツYahoo!きっずに、クイズ形式でネットのマナーを勉強できる「ネットのマナーABC」が公開されました。(プレスリリース[日経プレスリリース])
 

「ネットのマナーABC」では、「個人情報ってなんですか?」「インターネットは調べ学習の宝庫」「便利なメールではあるけれど」「掲示板やチャットを利用するときは」の4つのテーマに分かれたクイズがあり、それぞれ3つの質問が用意されています。 ~中略~ これらのクイズを通して、個人情報の取り扱い方、著作権に関する注意、ウイルス感染対策、掲示板への書き込みの際の注意点などを学べます。

続きを読む "Yahoo!きっずが「ネットのマナーABC」を公開" »

2004年10月13日

電子出版 8割が「読んだ事がない」

10月9日付けのVenture Nowのメールマガジンこんな記事がありました。
(ウェブにはこの記事が見当たりません。)
 

『 電子出版、昨年同様8割が「読んだ事がない」』

チアーズ合資会社とアイブリッジ株式会社は、昨年に引き続き「電子出版(小説)」についての調査を実施した。これによると、メールまたはWebサイト上で「小説(10ページ以上)を読んだ事がある」としたのは、昨年よりわずかに増加しているものの28.7%にとどまり、うち12.7%が「読んだ事はあるが、途中で読むのを止めてしまった」としているのがわかった。


 
ちょっと長いので最初の部分だけ引用ですが、要は電子書籍がなかなか普及しないと。「便利に感じた」という人は4割弱、「不便だった」とする6割のユーザーのほとんどが「目が疲れる」。「便利に感じた」理由は「無料で読めたから」が一番多い。

続きを読む "電子出版 8割が「読んだ事がない」" »

2004年11月01日

動的 URL を静的 URL に変換

CMS から EC サイトまで動的サイトの SEO 対策は?(2) [japan.internet.com]
  
知らなかった、というか、こんな方法があったとは!?
 

動的 URL:
http://www.ioix.com/cgi-bin/page.cgi?id=100

静的 URL:
http://www.ioix.com/page/100/
※動的 URL から「cgi-bin」「cgi」「?」「=」を削除

URL の変換は、サーバーやプログラムによって方法が違うが、例えば Apache サーバーであれば、mod_rewrite と言うモジュールを利用すると URL 変換が可能である。Windows サーバーでも、その種のプログラムがいくつか提供されている。サーバー側の設定と URL 変換に伴うプログラムの改変が必要になるが、動的サイトのまま SEO 対策が実現できるメリットは大きい。

続きを読む "動的 URL を静的 URL に変換" »

2004年11月05日

目からウロコの検索テクニック

ちょっと旧聞ですが、今回のスポンサーがヤフージャパンということで、各方面で取り上げられた第10回無敵会議
 
最近ヤフーに転職された検索の鉄人 関裕司氏による検索テクニックのレクチャーがあったそうで、事前に知ってれば、絶対参加したのに...。
とにかく、これだけ(↓)でも知ってるとだいぶ違いますよ。
 
あなたの知らない検索ソリューション [MYCOM PC WEB]
 

例えば、求人情報を検索したい場合には、「当社規定により優遇」といった、特有のフレーズをキーワードにする。これに「SE」といった職種を加えることで、いわば、求人情報誌・媒体と同じような検索結果を表示できることになる。また、ベビー用品の市場を調べるといった場合、「ベビー用品 市場」をキーワードにすると、表示されるのはオンラインショップばかり。そこで関氏は、「オンラインショップに書かれていると想定される文字に、マイナス記号(-)をつけて検索すれば、オンラインショップの情報は削除される"らしい"」。

続きを読む "目からウロコの検索テクニック" »

2004年11月12日

『ゴッゴル』大増殖中

SEOコンテストにサーチエンジン対策テクニックを見る[nikkei.bp]
 
話題の第 1 回 SEO コンテストの記事です。
 

2004年10月17日~2004年12月20日00:00の期間に、参加者が指定されたキーワードに関するWebページを作成し、「Google」 での順位を競い合うというものです。今回のキーワードは『ゴッゴル』。

 
Googleで「ゴッゴル」と検索した結果の順位を競っています。

続きを読む "『ゴッゴル』大増殖中" »

iモードのキラーコンテンツ

iモード伝言板の成功で、災害時の連絡方法は変わるか[ITmedia]

 

11月9日現在、iモード災害伝言板の登録者数は7万6736人。8日に起きた余震の際には、登録されたメッセージが9万2583件、メッセージの閲覧はのべ12万5217件あったという。iモード災害伝言板は、緊急時の連絡手段として、かなり定着してきた。

 
相次いだ災害で高い評価を受けたiモード災害伝言板。他社の対応はというと、auは2005年度中に開始予定。ボーダフォンは未定と。本来は2番手、3番手のキャリアから始めるべき付加価値サービスだと思うのですが。
 
今回の一連の災害で、被災地では災害伝言板が携帯電話のキラーコンテンツとして認められたことでしょう。被災地の方々がいっせいにドコモに乗り換えたとしてもおかしくありませんよ。

2004年11月22日

路線検索サイトの利用度増加

Venture Now のメルマガにあった記事。ウェブには掲載されていないようです。いつもいいリサーチをしてるのに、もったいないですね。
 
『 「路線検索サイト」、9割近くが利用。特にPCでの利用者が増加 』
 
興味を引いたのが、「インターネット上の路線検索を利用したことが無い」と答えたユーザーの中で

しかし地域属性を見たところ、「東京都」および「大阪府」のユーザーからは「PC に予め積んであったソフトで十分」「検索するほどの場所に行くことがない」「どのサイトで調べるのかわからない」など、「電車にはあまり乗らない」とする以外の意見が多く見られたのが特徴的。

 
私は東京に住んでますが、良く利用してます。営業に行くときにどのルートで行くのが一番速いか調べるのに重宝。JRはともかく地下鉄や私鉄の乗り換えって複雑じゃないですか?!

続きを読む "路線検索サイトの利用度増加" »

2004年11月29日

Web上の良心

Web上の良心、70%が Q&A サイトで「無償でも回答したい」[Japan.internet.com]

Q&A サイト内で自分に回答できる質問がある場合、無償でも回答したいか尋ねてみたところ、「無償でも回答したい」としたのは70.3%だった。「無償なら回答したくない」は29.7%。回答したい理由としては「困った時はお互い様である」、「ボランティア精神」、「役に立ちたい」などが多数であった。0.8%のユーザーが回答してるが、回答したいという潜在的なユーザーはかなり多い。

こういう人たちによって、インターネットは成り立った、とも言える。こういう気持ちを大事にしたいね。

2004年11月30日

電子メールの信頼性

「電子メールの信頼性が大きく揺らぎつつある」[IT Pro]

 「スパム・メールやフィッシング詐欺の横行によって,電子メールはもはや今までのように信頼のおける仕事のツールとして使えなくなりつつある」――。

スパムやフィッシング詐欺に有効な対抗手段が、現時点では示されていないことが問題であると。

それにしても、電子メールに信頼性を求めるってどうよ?そもそも「誰にも管理されていない」インターネットの中を「第三者が管理している(しかも正しく管理されているかどうかはわからない)」サーバーを経由して送られる電子メール。いったい何をもって信頼性と言えば良いのだろうね。

2004年12月27日

新しいメーラーの話題

ちょうど新しいメーラーの話題が2件同時に出ていました。
 
国産オープンソース・メールソフト「Sylpheed 1.0」正式リリース [IT Pro]
 
Xウインドウ上のGUIメール・クライアント。ということで、一般の人はあまり使わないかも。(記事最後に、申し訳程度にWindowsにも移植されていると書かれていますが、完成度はどうなんでしょ。)
国産ということで、ぜひがんばってもらいたいところ。
 
もうひとつ、こちらは限りなく本命。
 
オープンソースのメール・クライアントThunderbird 1.0 日本語版,Mozilla Japanが正式リリース [IT Pro]
 
Microsoftのメーラーはアップデートが止まっているので、個人ユーザーの乗り換えはかなり多いのでは。Windows版だけでなく、Mac版もあります。私の自宅のもっさりメーラー(Mail.app)も代えるつもりです。

2005年01月25日

第 2 回 SEOコンテスト

またやってるんですね。今度のキーワードは、「デースケドガー」だそうで。。
私はトラックバック遠慮しますです。
 
第 2 回 SEO コンテスト

2005年01月28日

インターネット詐欺の対策はオフラインから

えっ、犯人はこんな身近に!? 減少傾向も深刻なID詐欺の実態が判明 (MYCOM PC WEB)
 

フィッシング詐欺を始めとする、インターネット上のID詐欺事件が大きな話題となっているものの、全体の被害件数に占める割合は小さなものだったとされている。例えば、ID詐欺につながったとされる個人情報の流出経路トップに挙げられたのは、財布/預金通帳/クレジットカードの盗難もしくは紛失となっており、上位5件の流出経路は、いずれもオンライン・アクセスと何ら関連性がないものだったという。

情報漏洩の予防対策を考えるときに忘れがちなことは、システムのセキュリティ強化というのは、セキュリティ対策全体のほんの一部分でしかないということ。人が介在するシステムならば、オフラインの部分、つまり「人」の部分も考えないといけない。
 
この調査によるとコンピュータ絡みの流出経路は全体の11.6%にすぎない。その半数がスパイウェアに起因するもの。
とかく、セキュリティ対策というとシステム的なハッキング、フィッシングへの対策と考える人もまだ多いが(もちろんそれも大事)、利用する側の正しい理解が、これらを予防する最良の手段とも言える。
 
そして、もう一つショッキングなこと。

続きを読む "インターネット詐欺の対策はオフラインから" »

2005年02月15日

海の上でもブロードバンド

日本初の海洋高速インターネットサービス 試験サービス開始[FIS-net]

衛星を使って。
もう、飛行機でも船でも、とりあえずみんな繋いじゃえ、的な。
でも、VPNでイントラネットにつながるとなれば、導入する企業も多いでしょう。

2005年02月22日

オンライン翻訳サイトを比較

仕事でオンライン翻訳サイトをよく利用しています。
最近では、「英語⇔日本語」だけでなく、韓国語、中国語など多言語の翻訳が簡単にできるようになって便利、便利。

今回、主な翻訳サイトに同じ英文を翻訳させて結果を見ることにしました。もちろん翻訳精度は翻訳する文章によって大きな差がでるため、以下の結果はその一例にすぎません。ま、参考まで。

元の英文

The Chilean Government is confident that Denmark will ask the EuropeanCommission (EC) to reconsider the application of safeguard measures on salmon imports from Chile, Norway, and the Faroe Islands, in order to reactivate its diplomatic offensive aimed at obtaining the European Union (EU) Member States' support.

続きを読む "オンライン翻訳サイトを比較" »

2005年03月22日

企業サイトのユーザビリティランキング

花粉症で絶不調です。。。
とりあえず、
 
企業サイト ユーザビリティランキング[日経パソコン Online]
 
調査項目もチェックしておこう。
案外、当たり前のようなことの積み重ねなのかもしれないな。

2005年04月07日

ケータイでオフィスが開ける

ケータイで添付ファイルも確認オフィス文書閲覧システムが続々[ケータイ on Business]

こうしたモバイル業務環境を実現する携帯電話からオフィス文書を読むソリューションが,続々と登場している。メールやグループウエアのサーバー,各種ファイル・サーバーの情報に携帯電話からリモート・アクセスし,画面上にオフィス文書をそのままの見え方で表示するシステムである。

とにかく、いざというときにファイルを見れるという安心感は何物にも買えがたいね。
 
僕のP900iで使えるのは、クセロドキュメントモバイラーとパケットセイバー オフィスかな。と言っても、個人で買えるシステムではないけれど。

2005年05月13日

セクシーさを感じるところの国際比較

セクシーさを感じるところ(国際比較)[社会実情データ図録 Honkawa Data Tribune]

おおまかに、民族別には、アジア諸国では、「胸」の回答率が高い。北欧諸国では、「まなざし」や「態度・姿勢」への回答率が高い。東欧・南欧では「お尻」への回答率が高い。
いやぁ、こういうたいして役に立たない調査は好きだ。(笑)   東欧(ポーランド、クロアチア...)にお尻好きが多いとは知らなかった。 中南米、アフリカも含め、ぜひ全世界調査をしてほしいね。

2005年06月07日

MacにIntel製CPUを搭載

いわゆる『歴史的な発表』というやつですが、AppleがついにMacにIntel製CPUを搭載すると発表。
やはり、G5が発熱量の問題でPowerBookに載せられなかったのが原因の様子。
 
やはり気になるのは「新しいMac OS Xは、Windowsマシンで動作するか? 」ってとこですが、それはないだろう。
それやっちゃったら、ハードウェアメーカーとして成立しないもんね。
 
これで、いま使ってるiBookの買いかえが決断できるかも。どーせ、G5も載らず、スピードも上がらないなら現行ので。

2005年06月20日

公開されない映画とコンテンツ産業の社会的責任

「ホテル・ルワンダ」「売春窟に生まれついて」という映画が、日本のメディアで取り上げられることは少ない。これらの映画は海外で非常に評価が高いにもかかわらず、配給会社の事情で日本での公開が決まっていない。そのため、現在多くのブログなどから公開を求める声が上がっている(私はどちらも未見)。
 
たぶん情報の震源はこちら↓。
 
「ホテル・ルワンダ」の日本公開について[ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記]
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20050616
 
『ホテル・ルワンダ』は現実版『ドーン・オブ・ザ・デッド』だ[ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記]
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20050226
 
オスカー最優秀ドキュメンタリー「売春窟に生まれついて」[ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記]
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20050307

続きを読む "公開されない映画とコンテンツ産業の社会的責任" »

2005年07月11日

ポッドキャスティング

iTunesのPodcasting対応とほぼ同時に、iTMS、niftyのPodcasting Juiceと、相次いでポッドキャストポータルともいえるサイトがオープン。この夏一気にブレイクの予感です。
 
ポッドキャスティングには、コンテンツビジネスとしての大きな可能性を感じます。
Podcasting JuiceではInterFMによるコンテンツも配信されていますが、中でも一言英会話のプログラム’Better English With Catherine’は優れものではないかと。語学系はもともと音声配信と相性が良いので、今後は語学系サイトやメルマガなどからの配信が相当流れてくるでしょう。
 
毎朝のニュースやビジネス情報の配信も増えていくはず。朝、自宅のPCでダウンロードして通勤中に聴くイメージです。日経の記事解説なんかも良いでしょうね。通勤中に新聞を読む人は多いので、ポッドキャスティングの解説を聴きながら読むことで、より理解も深まります。当然有料になるでしょうが。

続きを読む "ポッドキャスティング" »

2005年09月14日

スティーブ・ジョブズの卒業祝賀スピーチ

ちょうど前の会社を辞めて転職する、ちょうどそんなタイミングでこのスピーチを知り(読み)ました。
 
やはりいざ転職するとなると、いろいろと不安もあったのですが、そんなとき、ジョブスの言葉はとても励みになりました。そして、結局は自分の信ずる道を行くしかないんだな、とふっきれた気がします。
 
今日、大前研一のメールマガジンで日本語訳の出典をはじめて知ったので、記事をエントリー。

私の知るベストスピーチのひとつです。
 
初出 メルマガ「とむさとうからのメール」
http://blog.livedoor.jp/tomsatotechnology/

2006年02月28日

iPodの箱をマイクロソフトが作ると。。。

YouTube.commicrosoft ipod packaging parodyというビデオがアップされています。
 
アップルのiPodのパッケージをマイクロソフトがデザインするとどうなるかっていうパロディなんだけど、これがそれぞれの特徴をとらえていて最高に面白い。
 
シンプルな写真を使い、説明文も省き、製品を手にとった人がいろいろとイメージをふくらませるようなアップルのパッケージ。これがマイクロソフトの手にかかると。。。
 
どちらがいい悪いではなく、製品戦略の考え方がパッケージに反映しているのだと思いますが、「その会社らしさ」というものが鮮明に表れるもんだなぁと、改めて感心しました。

2006年05月26日

YouTube人気に思うこと

ここ半年で日本でも大人気となったYouTube。「全内容が英語で提供されているWebサイトとしては異例な利用率」だそう。
 
ここで公開されているのは、かなりの部分がテレビ番組などからの無断アップロード。事実上著作権の問題は野放しだけど、(だからこそ)おもしろいものが集まってる。この辺は2ちゃんねるに人が集まる理由と重なると思う。
 
お仕着せのブロードバンド向けコンテンツというのがイマイチ盛り上がらない中、既存コンテンツの見せ方を変えるだけでこれだけおもしろいというのはどういうことなんだろうね。
結局YouTubeは動画の共有という枠を超えて、簡易ビデオオンデマンドとなってしまったわけだ。

2006年05月30日

Gyao不振

GyaOの苦しみ - 独自コンテンツの死角と活路 (MYCOMジャーナル)という記事。

1,000万近い登録者を集め、ブロードバンド放送の成功例と目されていたGyaO。現状は「生みの苦しみ」なのか、それとも、ヤフーやテレビ局の前に、このまま埋没してしまうのか。

結局YouTubeというオチ?

2007年03月22日

どうでもよい「mixi読み逃げ」の話

いくら読み逃げされようと別にどーでもよいことだと思うけど、mixiはもともとムラ意識の強い人達が群れているところだと思っているので、それほど驚きもしませんでした。
 
昔はファイル共有ソフトでもお願いのIM入れて相手の気に入るファイルを持ってないと切られたりしたけど、根は同じような気がする。これもまた日本の文化なのかね。
  
記事:
ITmedia News:「mixi読み逃げ」ってダメなの? (1/2)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/20/news042.html

About インターネット

ブログ「やじlog」のカテゴリ「インターネット」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはtawagotoです。

次のカテゴリはセキュリティです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。