« タモさんカレー | メイン | コーヒーミルを買った »

売り切れ商品が生まれるメカニズム

先週末のAVANTIのポッドキャストがよかったので覚書き。車で聴いてたので多少ニュアンスが違うところもあるかも。

「売り切れ商品が生まれるメカニズム」という話で、かいつまむと、
 
現代は情報があふれていて「何かが欲しい!」と思ったらそれを「すぐ欲しい!」と思う時代。欲しい人が現れた時にすぐ商品を売るには在庫が必要だが、売れ行きの予測はきわめて難しく、売り切れが生じる要因に。そのため柔軟な生産調整が重要度を増している。 
一方で、わざと行列や売り切れを演出して買手の飢餓感をあおる手法はもはや通用しない。なぜなら売り切れになった瞬間に買手は別の商品を探し始めてしまうから。

探していた商品がないとわかると、すぐ別の商品にいってしまう。。。
自分にも思い当たるところありますねぇ。

SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI - TOKYO FM Podcasting
http://reco.jfn.co.jp/podcasts/tokyo/avanti/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://arrowislands.com/blog/mt-tb.cgi/186

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年05月22日 16:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「タモさんカレー」です。

次の投稿は「コーヒーミルを買った」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。