« 2007年01月 | メイン | 2007年03月 »

2007年02月 アーカイブ

2007年02月01日

食品の安全・安心とコスト



はじめて飲んだレッドブル。気のせいか体が火照ってくるような感じが。これは効いてるのだろうか?!

さて、話は変わって例の不二家の不祥事ですが、いくら大きな問題を起こしたとはいえ、鬼の首を取ったようにマスコミからボコボコに叩かれるのはいかがなものかなと思ってしまいます。確かに罪は重いが、それだけを追っていると実態は見えてこない。
 
地域・不二家の微生物基準 実情では「妥当」では
http://www.janjan.jp/area/0701/0701258859/1.php 
というJANJANに掲載された記事によると

食品事業者の中で、毎日細菌検査をしている事業者は極めてまれではないでしょうか。企業規模の大きい事業者は行っていますが、中小零細では資本的に難しいと思います。

続きを読む "食品の安全・安心とコスト" »

2007年02月02日

これはプラシーボ効果?

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <消臭商品>「スメルキラー」を排除命令 効果裏付けなし
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070201-00000096-mai-soci

消臭効果をうたった「スメルキラー」と呼ばれる商品を巡り、景品表示法違反にあたるとして、公正取引委員会は1日、輸入家庭用品卸「コラムジャパン」、テレビ通販大手「ジュピターショップチャンネル」の2社に対し排除命令した。公取委が2社に対し、効果の根拠資料を提出させ分析したが、裏付ける資料はなかった。

amazonでも売ってるスメルキラー、うちにも2つあります。効くと思っていたのはプラシーボ効果なんでしょうか?

うちのトイレには窓がなく空気がこもってしまうのですが、これを置くと「こもり」がなくなったような気がします。ただ完全に匂いが消えるわけではないし、即効性もありません。

効果を裏付ける資料がないとのことですが、例えばココから辿れる公的試験結果ってなんなんだろう?

続きを読む "これはプラシーボ効果?" »

2007年02月04日

はじめての餃子作り




今日は餃子作りです。美味すぎで二皿を一気食い。

2007年02月09日

味覇です



味覇(ウェイパー)を買ってきました。一言で言えば中華スープの素ペースト。さっそくペロッと舐めたのですが、これは美味いですな。炒飯でも野菜炒めでもこれさえ使えばOKって感じ。
さて実際に炒飯に使ってみたのですが、これはラードっぽい脂の旨味が強いなあと思いました。美味いわけだよな。

2007年02月13日

中小メーカーも海外を目指す今日この頃

これはなかなかすごいことだと思うのですよ。

ヤマト醤油味噌、仏三つ星レストラン・大手スーパーに納入
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20070209c6b0902f09.html

国産しょうゆの一大産地、金沢市大野の有力メーカー、ヤマト醤油味噌(山本晴一社長)は海外事業の強化に乗り出す。フランスの高級食料品チェーンやレストランとの取引が決まり、3月上旬から濃い口しょうゆなどの出荷を始める。欧米で日本食人気が高まっているのを受け、6年後に海外売上高比率を2割と現状の2倍に引き上げる。

これが大手ならいざ知れず(醤油メーカーの多くが地方の中小零細企業、大手のキッコーマンとヤマサで全体の約4割のシェア。)、このメーカーの現在の年商は5億、6年後には年商8億円に引き上げ海外比率を2割に高める、と。ウェブサイトを見ると社員数26名と書いてあるから、きっと社員全員が家族みたいな会社なんでしょう。

続きを読む "中小メーカーも海外を目指す今日この頃" »

2007年02月16日

「トヨタ生産方式」の誤解

最近こんな本を読みました。

「トヨタ流」現場の人づくり―トヨタ元生産調査部部長が明かす
田中 正知
4526057746


トヨタ生産方式というと「ジャストインタイム」、「かんばん」といったキーワード先行の話が多いですが、それ自体が本質ではないよ、とこの本は語ります。

最大の誤解は、トヨタ生産方式を「生産性を上げるための単なるツール」だと思い込んでいる経営者や担当者が多すぎることである。トヨタ生産方式は、断じて生産性改善のためのツールではない。企業としてのあり方や理念をどう考え、どう構築していくかを示した経営哲学である。

そういえば昨年末にこんな新聞記事がありました。
郵政公社はトヨタ生産方式をモデルに作業改善に取り組んできたが、いまだコスト削減の点で結果が出せていないそう。

郵政公社:「トヨタ流」導入4年 コストなお、要カイゼン
msnのキャッシュ

続きを読む "「トヨタ生産方式」の誤解" »

2007年02月18日

ランチはラザニア



ミートソースが余っていたので、今日のランチはラザニアでした。

2007年02月19日

空気清浄機を買いました

うちには花粉症の人もアトピーの人もいるので、価格.comで評判の良かった三菱のMA-806という空気清浄機を買って見ました。

サイズは幅42.5×奥行23.8×高さ54.7cmと、空気清浄機としては結構な大きさ。動作音はとても静かで、居間に置いておく分には気づかないくらい。それでも吹き出し口からはそこそこの風がでています。センサーは結構敏感なようで、ちょっとしたことでランプがつきますが、動作音が静かなのでほとんど気になりません。
瞬間清浄ボタンを押すとフル回転。この時はさすがの音と風量で、本体から3mほど離れた照明の下を小さいホコリがすっーと吸われて動いていくのが見えて気持ちよかったです(フローリングの床なのでそんなにホコリは舞っていないはずだったのですが)。

1万円以下の空気清浄機も多い中、約3万円の価格はかなり高い部類ではあります。今回はamazonで購入しましたが、価格.comの最安値が24,479円のところ、amazonの29,800円(税込・送料込・10%ポイント)というのはなかなかお値打ちではないかと。

MITSUBISHI 空気清浄機 MA-806-W ホワイト
B000I5X20W

2007年02月21日

「ますずし」も宇宙を目指す

2月21日付日経MJの「ますずし」宇宙食めざせ!――業界最大手の源、富山県立大と研究着手という記事。

すし飯とマスの切り身で作る富山名産の押しずし「ますずし」最大手の源(富山市)は、宇宙食用のますずし開発に挑戦する。三千万円程度を投じて実験施設を整えており、近く富山県立大学と連携して本格的に研究に着手。長期保存できる製品の開発を目指す。

常温での消費期限が2日のところを一年に延ばすのが目標だそうです。コスト的な問題はとりあえず置いといて、これが成功すれば押し寿司の常温流通が可能になるわけで、いろいろと応用が利くおもしろい話と思います。

さて、宇宙食というとスケールがデカイですが、食品メーカーが自社の商品を宇宙食として使ってもらうにはどうしたらいいか、ちょっとググってみました。

続きを読む "「ますずし」も宇宙を目指す" »

2007年02月22日

ボブの絵画教室 DVD-BOX

これは買わねばなるまい。つーか、予約しました。ボブの絵画教室のDVD-BOXです。

ボブ・ロス THE JOY OF PAINTING1DVD-BOX
ボブ・ロス
B000M7FT34

10年以上前にNHKBSで放送していてリアルタイムで見てました。2インチの筆、扇形の筆、リキッドホワイト、フタロブルー、カドミウムイエロー、サップグリーン、クリムソンレーキ。みんな覚えてる。
いままでも単品のDVDが出ていたのは知ってましたが、ボックスセットとなると異常に物欲がそそられますな。

とにかく下書き無し、見本無し。ほぼアドリブで筆を滑らせつつ30分で見事な風景画が仕上がってしまう。ニコニコ動画でもはじめは「それはテキトーすぎw」とかついていたコメントが次第に驚きに変わっていくのがおもしろい。

ニコニコ動画(β) | 「ボブの絵画教室」神秘的な山 1/3 2/3 3/3

続きを読む "ボブの絵画教室 DVD-BOX" »

About 2007年02月

2007年02月にブログ「やじlog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年01月です。

次のアーカイブは2007年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。