« MacにIntel製CPUを搭載 | メイン | 影ながら応援してます »

店頭で受け取れるiモード向けCD通販サイト

JRTA、店頭で受け取れるiモード向けCD通販サイト 
 
携帯でCD/DVDを注文して最寄のCDショップで受け取る仕組みなのだが、それなら初めからCDショップで買えばいいんじゃないの?この記事を見る限り、イマイチ噛み合っていない印象を受ける。
 
まずは、携帯で購入する理由ってなんだろう?「着うた」配信サイトとの連携がうたわれているが、果たして成果が得られるのかな。ディスカウントもインセンティブもなさそうだし。

「AV関連の販売業界は、近年売上が減少し、依然として厳しい状況にある。できることから前向きに取り組もうということで、サービスの準備を進めてきた。単なる通販サイトではなく、店頭への来客に繋げ、店頭の活性化や新たな需要拡大を目指したい」と語った。

と、既存CDショップの生き残りを考えている様子がうかがえるが、利用者にしてみれば、営業時間の制約があるCDショップでの受け取りは大してメリットがない。それならば、店舗数が多く、ほぼ24時間営業のコンビニや駅での受け取りの方が便利と感じるだろう。
 
店舗に足を運ばせたいあまりか、『宅配便を使う場合の送料は700円、送料無料は7,000円以上』とか、『店頭受取であれば代引き手数料が必要なく、』という表現など、顧客の視点とのズレも目立つ。
 
昔、元アスキーの西氏が(そのときはBtoBの話でしたが)『(従来の商品流通段階の)すべての人がハッピーなんてことはありえない。だれかを殺すことを考えないとインターネットを使ったビジネスは成立しない。」という趣旨のことを話しているのを聞いたことがあります。
 
CDショップにはがんばってほしいが、amazon.co.jp他のECサイトが大成功しているところに、こんな中途半端なビジネスモデルでは、ダメではないかな。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://arrowislands.com/blog/mt-tb.cgi/118

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2005年06月08日 14:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「MacにIntel製CPUを搭載」です。

次の投稿は「影ながら応援してます」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。