« 電話帳のビジネス利用に脚光 | メイン | まぐまぐさん、しっかり! »

日本経済を読み解く12のキーワード

探し物をしていてたまたま見つけた東レ経営研究所のレポート。
 
005年日本経済を読み解く12のキーワード(PDF)
2005年の世界経済を読み解く11の注目ポイント(PDF)
 
日本経済を読み解く12のキーワードは、人口減少社会、持続可能な年金制度、若年雇用問題とニート、アクティブシニアの消費、男性消費、ポスト「韓流」、M&Aの活発化、多角化と垂直統合、IT革命の進展、アナログ的要素と素材の復権、IT在庫調整の一巡、意味の乏しい景気の山谷の議論。
 
明るいキーワードを取り上げると、アクティブシニアと男性の消費について。

私の両親なんかにあたるアクティブシニア(健康で活動的な高齢者層)は、購買力が大きく、高価でも質の高い商品にガンガン金を使っている。たとえば、海外旅行の1人1回あたりの費用は独身女性や子連れ家族より多額であるし、年代別のテレビ購入単価を見るとデジタル家電ブームの主役も実はアクティブシニアだという。少しは若いもんにも分けてくれや(笑)。

また、これまで高付加価値消費の主役は女性だったが、高額商品を中心に男性の消費が盛り上がりつつあると。中高年男性が潜在的に持っている「若若しく格好よく見られたい欲求」を刺激する商品に注目が集まり、紳士向け高級ブランド、セレクトショップも好調。要は「男はいくつになってもモテたい」ということか。きっとこういう人たちが「日経おとなのOFF」とか買うんですよ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://arrowislands.com/blog/mt-tb.cgi/100

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2005年03月31日 15:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「電話帳のビジネス利用に脚光」です。

次の投稿は「まぐまぐさん、しっかり!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。