« 2004年12月 | メイン | 2005年02月 »

2005年01月 アーカイブ

2005年01月04日

テレビコマーシャル 最後の2秒

たまたまテレビコマーシャルを見ていて気づいたのですが、15秒のCFの最後の2秒って、その商品を印象づけるのにとても大切だと思うのですよ。
それなのに、案外この最後の2秒を有効に使っていないCFが多いような。
  
やはり印象づけのためには、最後は商品名と商品の絵をもったいぶらずに出すべきだと思うのですね。最近のCFはストーリー仕立てになっていたり、インパクトのある映像や音楽でひきつけたりといろいろ趣向をこらしていますが、次のCFに移った後に「あれ、なんて商品のコマーシャルだったかな?」と思ったり、それすら思わなかったり。
最後にちゃんと商品名がでると、CFと商品の自己解決がでて非常にすっきりします。私だけ?(だいたひかる風)

続きを読む "テレビコマーシャル 最後の2秒" »

2005年01月08日

「ほぼ日」糸井重里氏インタビュー

マーケティングについていうと、みんな、「当てる」ことにこだわりすぎているんだよね。マーケティングで精緻に数字を分析してほんとうにヒットするならば、誰だって売れますよ。孫正義、西和彦、そして堀江貴文、どの人にしても最初は「そんな杜撰な」という話で始まって、当たってみれば「いや、あの人は度胸がいいから」でまとめられるわけです。「当たった」、ということに目を向けすぎている。そこだけ見ていても度胸の良さとかしか説明つかない。彼らは、当てたかったんじゃなくて、新しいことをやれると思った、2番手になりたくなかった人たちなんですよ。
  日経ビジネスEXPRESSに糸井重里氏のインタビュー。 1日100万ヒットをたたき出すという「ほぼ日刊イトイ新聞」。ただ単純におもしろい読み物、読んでホッとする読み物があるという理由で、僕もよく見にいくサイトです。 「ほぼ日」の裏側をビジネスの視点から語るのは初めて読みました。これが見た目からはそうと気づかせないにもかかわらず、実は周到に考えられている。

続きを読む "「ほぼ日」糸井重里氏インタビュー" »

2005年01月09日

「○○が当たる!」「△円割引♪」は、もう飽き飽き

コピーライティングのコツ(その1)[japan.internet.com]

携帯電話向けメールDMのコピーライティングテクニック。
すでに、プレゼント、割引、新商品の「3種の神器」は万能ではない、と。

ではどうすればいいのか。キーワードは「ソリューション」である。平易な言葉で言い換えると、「相手の立場に立ち、具体的な利用シーンや効用を描き、イメージを膨らませてもらう」ことだ。

キャチコピーの書き換え例がいくつかのっていますが、なるほど、とうなづける。
文字数の制約の中でレスポンスをひきだすライティング技術。これは、Adwardsにも応用が利きそうです。

2005年01月13日

PR効果測定ツール

PR効果測定ツール MediaAnalyzer

VentureNowの記事によると、

PR・広報活動の効果を明確に数値化し、費用対効果を簡単に測定、過去の記事実績をネット上に保管し、必要に応じてCSV形式でダウンロードすることができる。

ほかにも、記事の露出量を広告費に換算して定量的に測定分析したり、5,000媒体以上の新聞・雑誌媒体から適切なPR対象媒体を選定できる検索機能があるのだとか。

月額52,500円からとそんなに値の張るサービスではないですが、問題はそれを使いこなせるかです。。。

割り切りから生まれる新しい使い方

昨日、Appleから、小型Macintosh「Mac mini」とポータブル音楽プレーヤー「iPod shuffle」が発表されました。
 
スティーブ・ジョブスが返り咲いてからのAppleは、いさぎのよい機能の割り切り方をする会社として生まれ変わり、今回発表された製品もその点ではとてもAppleらしい。
 
Mac miniは、キーボード、マウスまでもオプションとして、CPUその他のスペックもそこそこに抑え、小型化、低価格化。Windows用のキーボード、マウス、ディスプレイがそのまま使えることをアピールしているので、Windowsからの乗換え需要がターゲット。製品の位置付けとしては、ローエンドのMacというよりも、絶好調のiPodに対する周辺機器と考えてもいいかと思うます。
 
ちなみに、キーボードがオプションというのは、今に始まったことではありませんね。iMac以前のデスクトップMacintoshは、マウスのみ付属、キーボード別売りでした。確か。

続きを読む "割り切りから生まれる新しい使い方" »

名刺でばれる会社のレベル

名刺でばれる会社のレベル[All About]
 
では、どういう名刺がよいのか?
最高レベル5は「URLを載せない名刺」。
 
一瞬、え!、っと思いますが、Yahoo!に自社サイトが登録されることで、名刺にURLを記載するよりも、むしろ

なによりも登録されたら名刺に「Yahoo!で○○と入れて検索ください」と記載できます。

と、書いた方がURLの入力手間も省け、なんとなく社会的信用も得、サイトを見てもらえる可能性が高くなる、と。
 
なかなか、技あり、です。

2005年01月18日

テンプレートを変えてみた

テンプレートを変えてみました。
 
Macromedia風だそうです。
 
Macromedia風テンプレート for MT3.0

2005年01月21日

社長ひとりが握る顧客情報

危険!社長ひとりが握る顧客情報[All About]
 
中小企業では、よくありがちな事例。いや、大企業でもよくある。
社長だけでなく、担当者レベルでも情報を貯めてしまうことが実に多い(たまに意図的であったりもするが。。)。
  
で、この記事ですが、

これらを解決するには、先のように情報共有をすることが大切なのです。宝の持ち腐れにならないよう、情報をうまく活かせる仕組みづくりをすることです。ではどんな方法を用いればよいのでしょうか?
ときて、はじめてMicrosoftの提灯記事だとわかります。(^^;;
 
情報共有をすることは大切。しかし、大切なのははたして仕組みづくりか?
 
会社全体から各個人に至る、「情報を生かしていく意識の共有」こそが問題で、仕組みやソリューションというものは後からついてくるものではないのかね。

2005年01月25日

appleのブランド力

週刊 デバイス・バイキング
全て偶然に任せられる? iPodブランドの格安オーディオプレーヤー アップル 「iPod shuffle」

PC Watchの速報レポートで矢作晃氏が書いているように、他社から同様のコンセプトの製品を出しても、話題にもならなかっただろうが、iPodとAppleのブランド力とiTunesを含めたトータルな製品としての完成度は、これを新たなスタンダードに押し上げかねない可能性を感じさせる。

 
この「可能性を感じさせる」という部分、これこそがブランド力の真骨頂なのだろうね。

第 2 回 SEOコンテスト

またやってるんですね。今度のキーワードは、「デースケドガー」だそうで。。
私はトラックバック遠慮しますです。
 
第 2 回 SEO コンテスト

2005年01月26日

Movable Typeに脆弱性

Movable Typeにスパムメールの送信を幇助してしまう脆弱性が見つかったとのこと。
日本語版のすべてのバージョンが対象。
オフィシャルサイトでパッチが配布されています。pluginsディレクトリに放り込むだけなので、簡単です。
 
【重要】 Movable Typeの脆弱性と対策について

2005年01月28日

インターネット詐欺の対策はオフラインから

えっ、犯人はこんな身近に!? 減少傾向も深刻なID詐欺の実態が判明 (MYCOM PC WEB)
 

フィッシング詐欺を始めとする、インターネット上のID詐欺事件が大きな話題となっているものの、全体の被害件数に占める割合は小さなものだったとされている。例えば、ID詐欺につながったとされる個人情報の流出経路トップに挙げられたのは、財布/預金通帳/クレジットカードの盗難もしくは紛失となっており、上位5件の流出経路は、いずれもオンライン・アクセスと何ら関連性がないものだったという。

情報漏洩の予防対策を考えるときに忘れがちなことは、システムのセキュリティ強化というのは、セキュリティ対策全体のほんの一部分でしかないということ。人が介在するシステムならば、オフラインの部分、つまり「人」の部分も考えないといけない。
 
この調査によるとコンピュータ絡みの流出経路は全体の11.6%にすぎない。その半数がスパイウェアに起因するもの。
とかく、セキュリティ対策というとシステム的なハッキング、フィッシングへの対策と考える人もまだ多いが(もちろんそれも大事)、利用する側の正しい理解が、これらを予防する最良の手段とも言える。
 
そして、もう一つショッキングなこと。

続きを読む "インターネット詐欺の対策はオフラインから" »

About 2005年01月

2005年01月にブログ「やじlog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2004年12月です。

次のアーカイブは2005年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。