メイン | 2004年09月 »

2004年08月 アーカイブ

2004年08月19日

オンラインショップ カート放置が増える

オンラインショッピングは成長、ただしカート放置も増加[japan.internet.com]

商品を入れたままになったカートの割合は、前年同期45.9%から10ポイント以上増加し、今期はカート全体の57%を占めた。さらに、商品を放置した消費者が再び戻ってくる確率も、以前より低くなっている。前年同期には、いったん商品をカートに入れておき、あとで購入を完了したケースが全売上の35.6%を占めていたのに対し、今期はその数字が26.5%に下がった。

確かに。
僕のamazonのショッピングカートの「今回は買わない」にも10アイテム近くが入ったままだ。
なにかついでがあれば購入するのに、と思ってはいても、なかなかそうならないようで。
とりあえずは、EC文化の成熟に伴う現象ということでいいのかな。

チラシ同梱サービス

All About Japanを読んでいたところ、見つけたサービス。

商品紹介:同梱サービス-新規顧客獲得プラン-その1/株式会社ミック

通販各社のカタログや商品と一緒に、貴社のチラシやサンプルを同梱配布します。顧客リストをメンテナンスしている通販会社の中から、貴社のお客様層に合った同梱先をコーディネイト。ローコストで新規顧客開拓が望めます。


セグメントした顧客リストにチラシを送れるのがGood。
BtoCで食品や美容関係なんかの商材によさそう。
配布コストが不明だが、当然、同梱されるチラシの数(多さ)によってもレスポンスは変わってくるだろう。このサービスがこれ以上メジャーになる前に使い倒すべきか。

顧客志向が必要な日本の音楽配信

iTunesになぜなれない? 顧客志向が必要な日本の音楽配信 : IT Pro 記者の眼

 しかし,ここまで見てきたように,レコード会社が主体となった国内の音楽配信は,今まであまりにも親会社の利益や既存の流通チャネルの都合に振り回されて,顧客の顔を見ずにきた。今後も音楽配信サービスの魅力を削ぐことが続くならば,決してこの新しいビジネスが軌道に乗ることはないだろう。

お客様(ファン)の目線に立って考えていない、ということが、いろんな業界に当てはまるということがわかる事例のひとつ。
当然ながら、業界のエゴや既得権益にこだわり続けた結果だ。
人の振り見て、我が振りなおせ。
自分(自社)に置き換えても、結構そんなことがあるかもしれないぞ。

iTMSという顧客の支持を得たサービスが、音楽業界の外から出現したのもある意味必然であったか。

国内各社にしても、iTMSにしても、日本で本格的な音楽配信ビジネスを始めるには、まだ相当時間がかかりそうだ。

2004年08月20日

オンラインストアでのblog活用事例

blogをオンラインストアで活用するメリットは、まず、商品とblogが相互リンクされることによる情報の広がり(口コミ)が期待されること。さらに、相互リンクの増加は検索エンジン対策にもなるので、アクセス向上にもつながるという好循環も期待できそうだ。

この仕組みを取り入れているオンラインモールが「livedoor デパート」。ここでは、それぞれの商品ページでトラックバックを受付けるようになっている。

ただ、必ずしも商品に対してよい評価ばかりとは限らないことを、最初に肝に銘じておかなければならない。
顧客の立場から見れば、悪評もまた真実なり。

また、パソコン関連商品を販売する「アスキーストア」では、同店のバイヤーが独自のブログ「ズバット流儀」を更新して、販促効果を上げているようだ。livedoorデパートのようにストア自体がblog形式でなくても、そこに誘導する目的でblogを利用しているひとつの例。

また、複数のアフィリエイトと契約して、一種のセレクトショップ化しているblogサイトも存在する。

2004年08月23日

アドワーズ広告のスペシャリストが語る

あなたのアドワーズ広告、見直してみませんか?:グーグルのマキシマイザーが語る [CNET Jpan]


アドワーズ広告のスペシャリスト、Googleのマキシマイザーへのインタビューです。


アドワーズは、広告単価も安く、費用対効果もわかりやすいので手軽に始められるのが良いところ。しかし、検索されたキーワードにマッチした宣伝文句を限られた文字数で作り、継続的にレスポンスを引き出していくことは、簡単ではありません。

以下、一部抜粋。

「アドワーズ広告は情報そのもの。」

「ユーザーの打ち込む検索ワードは質問事項であり、その質問に答えるような情報を広告コピーに埋め込まなくてはならない。」

「シンプルで、はっきりしていて、具体的な情報を提供することが大切。」

「広告コピーに使用する言葉と、リンク先ページに記載された言葉が一致するように。」

「単純なことのようだが、広告主の90%はこのやり方を把握していない」

「ユーザーの打ち込む検索ワードは質問事項であり、...」というのが、まさにアドワーズの核心と思います。

読者からガンガン投稿を集める方法

Japan.internet.com Webビジネス - 読者からガンガン投稿を集める方法


japan.internet.com百式の管理人さんが書いている記事。



どうすればメルマガ読者の方からたくさんの投稿を集めることができるか? 

メルマガを運営していると試行錯誤しながらいくつかのノウハウを手に入れられるが、そのうちの一つが投稿の集め方だ。

その方法だが、一言でいうと「途中経過を知らせること」である。

投稿してくださいね! といってもある程度集まったあとは投稿数が伸びなくなる。そんなときは今集まっている投稿からいくつか紹介するのだ。

そうすることによって「あぁ、こういうことを聞いているのね」とイメージが湧く。イメージが湧くから投稿してくれる。そういった具合である。


なるほど。確かに他人の意見を聞くと、その物事に対するイメージが湧く、ことがあるな。

ここで思い出したのが、クリックアンケートという無料サービス。自分のメールマガジンから簡単なアンケートを実施できる。まぐまぐなどの発行スタンドを利用していてもOK。もちろん、回答状況はリアルタイムで集計されて見ることができる。

2004年08月24日

テンプレートを変えてみました

HINAGATAさんの3カラムのものにしています。以前より行間が大きくて読みやすいでしょう。MacのSafariだとちょっとフォントが大き目の気がしますが、しばらくこれで様子を見ることにします。

行幅では2カラムの方が読みやすいと思うのですが、あえて3カラムにしたのは、いくつかアフィリエイトの実装を試してみたいと思っているからです。

Blog に関する調査

Blog に関する調査 [自主・共同調査結果] - gooリサーチ

gooリサーチとjapan.internet.comによるBlog に関する調査。この調査は4月から定期的にレポートされており、今回が5回目。

調査結果の一部抜粋

  • 他人のBlogにコメントを送ったことがある人は19.6%。
  • Blog作成経験者は8.5%。
  • 他人のBlogにトラックバックをしたことのある人はこの中の27.5%。
自分の Blog でトラックバックを受付けているものの、他人の Blog にトラックバックを付けたことがない人が、依然として多いようだ。

やはり遠慮があるのか、反応が怖いのか。自分ではBlogを書いても他人にレスポンスを返している人はまだ少ないようだ。私も自分から他人にコメントをつけるのはかなりドキドキしてしまう。でも、他人からコメントをつけてもらうのはうれしいものだよね。

検索エンジンに過度の信頼は禁物

Googleがないと仕事にならない」という人も多いはず。インターネットを利用する上で「検索」というアクションはなくてはならないもの。ごくごく当たり前に利用されている。しかし、その検索結果が意図的に操作されている(操作されることがある)と考える人は少ない。

しかし、実際にGoogleのインデックスから削除され、検索結果に表示されなくなったケースは存在する。Googleの検索データベースは、大手プロバイダサイトの検索などでも利用されており、削除されたサイトが受ける影響はとても大きい。多くの人は、検索結果はすべて公平に、いかなるバイアスも受けずに表示されると無意識に思いこんでいる。しかし、現実は必ずしもそうではないようだ。

Googleも営利企業であるから、自社の利益となる、もしくは反するということになれば、相応な対応をとるだろう。つまり、意図的に検索結果を操作する、ということもありうる。ある商品についての悪い評判をすべて削除する、またある商品の検索結果を上位にする、といったことも可能なはずだ。

Googleに限らず、検索エンジンの検索結果というものは、微妙なバイアスその他を加味した結果である(かもしれない)ことを覚えておこう。

2004年08月25日

キーワードアドバイスツール

アドワーズやオーバーチュアを利用する上で、キーワードの選定はもっとも気を使うところ。オーバーチュア純正のアドバイスツールよりも高機能なツールを発見したのでご紹介。使いこなせば、キーワード選定にとても便利なツールです。
無料登録ドットコムというサイトにあるキーワードアドバイスツールプラスは、Googleに加えてYahoo、キーワード有効性指標(KEI)も表示してくれるもの。

キーワード有効性指標(KEI)は 月間検索回数の2乗÷結果件数。この数値が大きいということは、検索された回数に対して検索結果の件数が極端に少ないということ(2乗しているので検索回数が多いほど振れ幅も大きくなる)。つまり、このキーワードについて関心を持つ人が多く、かつ検索結果に競合が少ない状況=オイシイ状況を意味しています。

2004年08月26日

Adsenceとamazonのバナーを設置

GoogleのAdsenceとamazonのアソシエイト。それぞれにアフィリエイトの登録をして、バナーを設置しました。

Adsenceは、支払いが米ドル小切手であるとか、規約や登録名など基本的に英語ベースの部分が多く、まだ日本向けにはこなれていない印象を受けました。とはいえ、申請そのものはそれほど難しいものではないので、気をつけて読んでいけば理解できるレベルです。最近はアフィリエイトの解説本の類も多いので、不安であれば本を一冊横においておけば問題ないでしょう。

続きを読む "Adsenceとamazonのバナーを設置" »

2004年08月27日

田宮模型の仕事

昨日の会社帰り、本屋で「田宮模型の仕事」という本を発見。家に帰って一気に読んでしまいました。

30代男性であれば知らない人がいないであろう田宮模型。私もミリタリーミニチュアシリーズはだいぶ作りましたし、RCカーブームの時は友人が持っていたホットショットやワイルドウイルスがとてもうらやましかったものです(RCカーは高価である上に、キットだったので私は買ってもらえませんでした)。少なくともファミコンブームの到来まで、田宮が少年達に与えた影響は計り知れないものがあったと思います。

続きを読む "田宮模型の仕事" »

2004年08月31日

健康食品をネットで売るには

昨日、ある健康食品を扱っておられる会社を訪問してきました。
最近は薬事法が厳しいため、健康食品を売るにも効果・効能が説明できず、販売に苦労されているようです。確かにドラッグストアを覗くとたくさんの健康食品が並んでいますが、どれも原料の由来や飲み方の説明くらいしかパッケージに書かれていないのですね。

続きを読む "健康食品をネットで売るには" »

About 2004年08月

2004年08月にブログ「やじlog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2004年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。